今まで縮毛矯正を繰り返してきた方の中には、こんな経験をした事がありませんか?

  1. 「とっても髪の毛が痛んでしまった」
  2. 「毛先が以上にストレートになりすぎる」
  3. 「トップのボリュームがペタンとなった」
  4. 「毛先をチリチリにされた」

もし過去に1つでも経験がある方は、これから説明する酸性縮毛矯正をオススメします。

酸性縮毛矯正って何?

今までの縮毛矯正と呼ばれるヘアサービスと酸性縮毛矯正の大きな違いは使用する薬剤です。

縮毛矯正では、一般的に髪の毛への負担やダメージが強いアルカリ剤と呼ばれる薬剤を使用します。

アルカリ剤を使用することで、どんなに強い癖やうねりでも、アルカリ剤の力で髪を柔らかく軟化させる事ができるので、ストレートヘアにする事ができます。

その反面、薬剤のパワーがとても強いので、経験が浅い美容師や知識が乏しい人が施術すると、失敗されるリスクがとても多いんですね。

酸性縮毛矯正は、酸性の薬剤を使用するので、髪の毛と同じ弱酸性の領域で髪の毛をストレートに固定させるので、薬剤によるダメージが最小限に抑えられることができるのが最大のメリットなんです。

酸性縮毛矯正でも痛む?

酸性縮毛矯正で使用する薬剤は、アルカリ剤と比べても髪の毛への負担がとても少ないです。

しかし、酸性縮毛矯正の知識や経験が浅いと、髪の状態を見極める事ができないので、逆に大ダメージに繋がる可能性もあります。

なので、酸性縮毛矯正だから痛まないというわけではなく、髪への負担が少なく、経験豊富な美容師が施術することで、髪の毛へのダメージを最小限に抑えることができるんです

こんな人に酸性縮毛矯正をおすすめ!

自分の髪質や、理想の仕上がりにするためには普通の縮毛矯正がいいのか、それとも酸性縮毛矯正がいいのか迷ってしまう方も多いかと思います。

下記の項目に当てはまる方は、酸性縮毛矯正をオススメしたいですね。

  • 髪を最小限のダメージでストレートにしたい人
    …酸性の薬剤なので髪が痛みにくい
  • くせやウネリがそこまで強くない人
    …アルカリ剤を使用しなくても緩いくせは伸ばせます
  • 元々の髪質がダメージしやすい人
    …痛みやすい髪質の方は酸性の薬剤なら負担が少ないです
  • ナチュラルなストレートヘアにしたい人
    …柔らかい仕上がりになるのが酸性縮毛矯正

いかがですか?

酸性縮毛矯正なら、髪の毛へのダメージや負担を最小限に抑えつつ、仕上がりも柔らかくて、艶感や質感もアップできるんです。

酸性縮毛矯正で痛んでしまった人の原因は?

BEFORE

他店や、過去に酸性縮毛矯正をしてみたけど、仕上がりに満足しなかったり、逆に髪の毛がとても痛んでしまった方も多いかと思います。

なぜなら、酸性縮毛矯正は薬剤自体はアルカリ剤に比べて優しいので、安易に導入して、経験が浅いままサービスを提供するサロンがとても多いからです。

酸性縮毛矯正を使用するには、しっかりと薬剤の知識と経験が豊富な美容師に担当してもらわないと、思っていた仕上がりと違ったり、髪がゴワゴワして艶や手触りも悪くなるケースがあるので注意しましょう。

知っておきたい酸性縮毛矯正のメリット&デメリット

ここまで酸性縮毛矯正の良さを説明してきましたが、実際にはメリットだけではなく、デメリットもあるんです。

メリットの部分だけ鵜呑みにするのではなく、しっかりとデメリットについても理解しておくと為になると思います。

酸性縮毛矯正の場合、美容室でもネットやSNSでも良い部分だけ説明されるケースが多いんです。

全てのサービスには、メリットとデメリットもあるので、これから酸性縮毛矯正をしてみたいと思った方でも一度確認してみましょう。

酸性縮毛矯正のメリットって何?

  • 髪の毛へのダメージがアルカリに比べて優しい
  • 柔らかいストレートヘアに仕上がる
  • 酸性縮毛矯正後でもカラーやパーマに悪影響になりにくい

などが主なメリットです。

一般的なアルカリ剤だと、痛みやすい、硬くて真っ直ぐになりすぎたり、カラーの色落ち、パーマがかけられないなどがデメリットでしたが、酸性縮毛矯正ならそれらの面ではとてもメリットに感じますね。

酸性縮毛矯正のデメリットって何?

  • ブリーチ毛などダメージ度合いが強い場合は不向き
  • とても強い癖は綺麗に伸ばしにくい
  • 一般的なアルカリの縮毛矯正より失敗されやすい

髪の毛へのダメージや負担が少ないからといっても、ブリーチした髪の毛など髪質がすでに大きなダメージがある状態には不向きなんです

そんな方は、髪質改善トリートメントや酸熱トリートメントがおすすめです。

また、酸性領域で行う縮毛矯正なので、髪の毛を軟化しないため、とても強いクセの方には効果が弱まります。

髪の毛が剛毛の人や、多毛で髪の毛がしっかりしている人はアルカリの縮毛矯正が良いケースもあります。

最後に、酸性縮毛矯正は、今までのアルカリ剤を使った縮毛矯正より難しいんです。

なので、経験豊富な美容師さんに必ずお願いするようにしましょうね。

酸性縮毛矯正はどれぐらいの頻度でやればいい?

縮毛矯正や、酸性縮毛矯正の両方とも髪の毛へのダメージが無いわけではありませんよね。

  • 髪の毛のダメージ度合い
  • 髪の毛の長さ
  • クセの強さ

によって、一人ひとりにベストな頻度は変わってくるんですね。

ショートヘアの場合は、長さが短いので根本から新しく生えてくるくせ毛の影響でスタイルがすぐに崩れやすいです。

それに比べて、ロングヘアの場合は、髪の毛の長さで根本のクセを抑えやすいので、ショートヘアに比べても頻度は長い期間あけても気になりにくいです。

一般的には下記の頻度を参考にしてみてくださいね。

長さ頻度
ショートヘア2〜4ヶ月
ミディアムヘア3〜5ヶ月
ロングヘア4〜6か月

酸性縮毛矯正の値段と施術時間ってどれぐらい?

酸性縮毛矯正の値段や施術時間は、サロンによってバラバラです。

安い値段で選んだり、アシスタントが施術する時間が長いようなサロンだと失敗されるリスクも高まります。

Sheerでは、経験豊富な美容師がマンツーマンで最初から最後まで行います。

細かい薬剤の塗布やアイロン施術など、責任を持ってしっかりと丁寧に行うので、3時間ぐらいお時間がかかりますが、その分仕上がりもとても綺麗です!

Sheerでは、22000で酸性縮毛矯正を提供しております。

メンズ(男性)でも酸性縮毛矯正はできる?

ストレートヘアになりたいメンズの方でも酸性縮毛矯正はできます!

メンズの場合は、なりたい理想のヘアデザインに合わせて、薬剤選定やアイロン施術に気をつけなければなりません。

施術前にしっかりとカウンセリングを行い、メンズに似合うストレートヘアを提供しておりますのでぜひご連絡くださいね。

酸性縮毛矯正とカラーは相性が良い?

AFTER

酸性縮毛矯正は、最初にお伝えしたようにアルカリ剤を使用せず酸性の薬剤を使用します。

なので、今までのアルカリ剤を使った縮毛矯正と比べても、色落ちがしにくく、縮毛矯正後もカラーが入りやすいのでとても相性がいいんですね。

白髪染めや、普通のカラーと縮毛矯正を繰り返していて、髪の毛がボロボロになった経験がある人も多いかと思います。

白髪染めやカラーを頻繁にする人は、酸性縮毛矯正にチェンジすることをおすすめします!

酸性縮毛矯正をして失敗されたら?

酸性縮毛矯正を他店で失敗された経験がある人も多いかと思います。

髪質改善が人気になり、その後に酸性縮毛矯正も人気になってきました。

しかし、これらのサービスの知識や経験が浅い状態でサービスを提供する美容師や美容室がとても増えてきました。

縮毛矯正や酸性縮毛矯正も、一度失敗すると元の状態に戻すことが不可能になるケースも少なくありません。

失敗されないようにする為にも、施術や予約する前に美容師や美容室のSNSや施術写真などチェックするようにしましょう

酸性縮毛矯正のビフォー&アフター

いかがですか?

Sheer.にご来店頂いたお客様は、髪のダメージやクセ、ウネリで悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

一人ひとりの髪質や仕上がりのイメージに合わせたサービスを提供させて頂いております!

酸性縮毛矯正で良くある質問

酸性縮毛矯正ってどんなクセでもしっかりストレートにできる?

弱酸性縮毛矯正でもクセを伸ばすことは可能ですが、剛毛の方やくせ毛とても強いケースの場合、アルカリを使った縮毛矯正をおすすめします。

Sheer.のアルカリ剤を使った縮毛矯正は、栄養をたっぷりと補充しながら行うので仕上がりもキレイです!

顔まわり、前髪やもみあげ部分だけを酸性縮毛矯正でお願いできますか?

部分縮毛矯正でも、酸性縮毛矯正を使ってストレートにすることができます。

白髪染めやカラーをしている方の場合は、よりダメージを増やしたく無い人が多いので酸性縮毛矯正でダメージを最小限に抑えながら、顔まわりなど綺麗にストレートに仕上げます!

酸性縮毛矯正もトップがぺちゃんと潰れたりしますか?

トップの髪の毛がぺちゃんとなりたくなり人の場合は、薬剤を塗布する量や位置、そしてアイロンの施術を調整しながら、トップの部分をフラットになりにくくなるように調整可能です。

カウンセリング時に、直接スタイリストに相談してみてくださいね。

酸性縮毛矯正後はシャンプーを我慢しないといけませんか?

アルカリ縮毛矯正の場合は、施術したその日はシャンプーをしないようにと言われるケースが多いですが、酸性縮毛矯正は施術後にシャンプーしても問題ありません!

避けて欲しいこととしては、ピンで髪を留めたり、帽子を被ったり、ポニーテールするなどクセがつきやすくなる行為は2日ぐらい避けることをおすすめします!

酸性縮毛矯正後でもヘアアイロンって使っても大丈夫?

ストレートアイロンは使用しても大丈夫ですが、ヘアアイロンを高温度で使用したり、長時間髪に当てたりすると髪の毛へのダメージが増えてしまいます。

できるだけ、高温度を避けて(150度前後)同じ部分を長時間当て続けないように意識しましょう。

東京で酸性縮毛矯正が上手な美容室ならSheerへ

Sheerは東京にある美容室です。

ロンドン、東京で長年活躍してきた経験豊富なスタイリストがあなたの髪の毛を担当します。

過去5000人以上のお客様を縮毛矯正、髪質改善トリートメントを担当させて頂いております

Sheer.では、カウンセリングからしっかりとお客様一人ひとりの状態をチェックさせて頂き、今までの髪の毛に関する悩みや失敗された経験など共有させて頂いております。

『Sheer.で縮毛矯正をやって良かった』

と心から思っていただけるようなサービスを提供しておりますので、ぜひとも皆様のご来店を心よりお待ちしております!

ご予約はお電話、またはコンタクトフォームからお願いいたします♪

皆様と会いできる事を心よりお待ちしております!